日本語教師
     日本語教師と日本語教師を目指す人を応援するページです。
   
 メニュー

相互リンク
日本語教師のページ
日本語教師になるには?
日本語教育能力検定試験に合格するために
日本語教師こんな人が向いてます
日本語教育の歴史
日本国内における日本語教育

 日本語教師検定試験案内

JEES
日本語教育能力検定試験

海外で日本語を教える


検定試験対策


日本語教育課程がある
通信制大学

愛知産業大学短期大学
創価大学通信教育部
 日本語教師になるには?


現在のところ、日本語教師になるために必要な唯一絶対の資格、というものは定められていません。

つまり、絶対に合格しなければならない国家試験や、必ず取得しなければならない公的資格などはない、ということです。

一般的に「日本語教師の資格」といわれている条件は、日本語学校の教師募集を見ても、そのほとんどが「日本語教育能力検定試験合格」「420時間修了」を挙げています。

「日本語教育施設の運営に関する基準について」(1988年12月 文部省)
1. 大学(短期大学を除く)において日本語教育に関する主専攻(日本語教育科目45単位以上)を修了し、卒業した者
2. 大学(短期大学を除く)において日本語教育に関する科目を26単位以上修得し、卒業した者
3. 日本語教育能力検定試験に合格した者
4. 次のいずれかに該当する者で日本語教育に関し、専門的な知識、能力などを有する者
(1) 学士の称号を有する者
(2) 短期大学または高等専門学校を卒業した後、2年以上、学校、専修学校、各種学校など(以下学校などという)において日本語に関する教育または研究に関する業務に従事した者
(3) 専修学校の専門課程を修了した後、学校において日本語に関する教育または研究に関する業務に従事した者であって、当該専門課程の修業年限と当該教育に従事した期間を通算して4年以上となる者
(4) 高等学校において教諭の経験のある者

5. その他これらの者と同等以上の能力があると認められる者

「教員の資格」(日本語教育振興協会)
 4の「日本語教育に関し、専門的な知識、能力などを有する者」とは、学士の称号を有する者および高等学校において教諭の経験がある者については、学校、専修学校、各種学校などにおける日本語に関する教育もしくは研究に関する業務に1年以上従事した者または420時間以上日本語教育に関する研修を受講した者とする。

日本語の教員としての資格を満たさない者については、収容定員に必要な教員数として認めないものとする


 日本語教師講座無料資料請求

講座の探し方:ヒューマンアカデミー日本語教師

トップページ中段の「日本語教師」をクリックしてください。



次のページの「右のカテゴリー」から「資料請求」を選択し
日本語教師講座の資料請求(無料)を行ってください。
無料なので見るだけでも価値がありますよ。




 

日本語教師情報倉庫

 日本語教師掲示板
日本語教師の集い
日本語教師について

 日本語教師ブログ

クアラルンプール通信
しのしのin wonderland
Il Mondo di Yumiko
日本語教師のひとりごと
Yahoo!ブログ

 日本語教育WEB

日本語Q&A
Yokoo! Global Communication!
Angin Selatan
全ての日本語教師と学習者へ
日本語教育・日本語学習
日本語教育スタッフの会(NKSK)
スリーエーネットワーク
『日本語教育通信』
"Suggestopedia" and Accelerative Language
Teaching/Learning
あのね、にほんご
日本語教師ネットワーク
日本村

 姉妹語学サイト