日本語教師
     日本語教師と日本語教師を目指す人を応援するページです。
   
 メニュー

相互リンク
日本語教師のページ
日本語教師になるには?
日本語教育能力検定試験に合格するために
日本語教師こんな人が向いてます
日本語教育の歴史
日本国内における日本語教育

 日本語教師検定試験案内

JEES
日本語教育能力検定試験

海外で日本語を教える


検定試験対策


日本語教育課程がある
通信制大学

愛知産業大学短期大学
創価大学通信教育部


 日本国内における日本語教育


本の高等教育機関(大学、大学院、短大、高専)が受け入れた外国人留学生数は2004年に過去最高の9万人を超えた。これら留学生は日本国外の教育課程で日本語を履修した者が中心であるが、大学ごとに留学生のための日本語教育が行われる。

留学生数 123,829人。うち日本語学習を行っている留学生45,310人
機関別内訳 大学42,728人、短期大学1,382人、大学院900人、高等専門学校300人[11]
日本国外で日本語を履修していないが、日本の大学へ留学を目指す者は日本語教育振興協会に認可された日本語教育機関、いわゆる日本語学校に入学することになる。

日本語教育機関の学生数 34,937人(日本語教育振興協会調べ)

さらに在住外国人のために各地の自治体やNPOがボランティア教師による日本語講座や日本語教室を開催している。対象者は中国残留日本人孤児帰国者や日系人、国際結婚により来住した外国人女性などが多い。

在住外国人増加につれ、同伴されてきたり日本で生まれたりした、日本語が母語ではない子どもたちが地域の小・中学校等に在籍することが増えてきている。日本語指導が必要な外国人児童生徒は、2008年9月現在28,575人で、約 70 % が小学校に在籍していると報告されている[14]。多数在籍する学校には日本語指導を行う教員を加配する措置がある。少数在籍の学校では、ボランティア指導員が派遣される場合もある一方、全く日本語指導を受けられない場合もある。母語が確立していないこと、教科学習を行わなければならないことなど、子どもたちへの日本語教育は留学生や成人への日本語教育と異なる条件があるため、「年少者日本語教育」と呼ばれることもある。

 







日本語教師情報倉庫

 日本語教師掲示板
日本語教師の集い
日本語教師について

 日本語教師ブログ

クアラルンプール通信
しのしのin wonderland
Il Mondo di Yumiko
日本語教師のひとりごと
Yahoo!ブログ

 日本語教育WEB

日本語Q&A
Yokoo! Global Communication!
Angin Selatan
全ての日本語教師と学習者へ
日本語教育・日本語学習
日本語教育スタッフの会(NKSK)
スリーエーネットワーク
『日本語教育通信』
"Suggestopedia" and Accelerative Language
Teaching/Learning
あのね、にほんご
日本語教師ネットワーク
日本村

 姉妹語学サイト