日本語教師
     日本語教師と日本語教師を目指す人を応援するページです。
   
 メニュー

相互リンク
日本語教師のページ
日本語教師になるには?
日本語教育能力検定試験に合格するために
日本語教師こんな人が向いてます
日本語教育の歴史
日本国内における日本語教育

 日本語教師検定試験案内

JEES
日本語教育能力検定試験

海外で日本語を教える


検定試験対策


日本語教育課程がある
通信制大学

愛知産業大学短期大学
創価大学通信教育部


 日本語教育の歴史


〜幕末まで

日本国内

キリシタン宣教師が渡来してきた16世紀後半に日本語教育が行われていたことが文献により確認される。

キリスト教布教という目的を達するため、宣教師たちはまず日本語を身につける必要があったからである。当初は辞書も文法書もなく個人の努力によって日本語が習得されていたが、1581年のヴァリニャーノの来日後は、宣教師や修道士のための教育機関が設立され、日本語教育も組織化された。

江戸幕府による鎖国政策が開始されるまでに、日本語ポルトガル語の対訳辞書『日葡辞書』(1603年)やロドリゲスによる文法書『日本大文典』(1608年)などが刊行されている。

鎖国後、江戸幕府は日本にいる外国人の日本語学習を厳しく取り締まった。

そのため、日本国内で公に日本語教育が行われることはなくなり、オランダ商館関係者が秘密裏に日本語学習を行う程度に衰退した。
江戸時代末の開国以降、欧米各国の公使館が開設され、再び外国人が多数来日することとなった。

キリシタン宣教師の時と同じく、当初は手探りの日本語学習となったが、数年後には、来日欧米人により日本語学習書や辞書の刊行が始まった。

「ヘボン式ローマ字」の創始者であるヘボンが執筆した和英辞典『和英語林集成』(1867年)は、日本語学習者だけでなく日本人英語学習者からも好評を得た。

日本国外

15世紀、1414年に外交上の必要から朝鮮王朝が司訳院で日本語通訳の養成を始めている。18世紀には帝政ロシアのピョートル大帝が1705年ペテルブルグに日本語学校を設立した。

これは、鎖国中の日本との国交を目指したためで、漂着した日本人を教師にしていた。1754年イルクーツクに移転するが、国交開始の目途が立たず、1816年に閉鎖されている。

19世紀に入り、シーボルトの来日(1823年)・国外追放(1829年)により日本・日本語の膨大な資料がヨーロッパにもたらされた。

ホフマンはこの資料をもとに日本語研究を行い、1851年オランダ・ライデン大学初の日本語教授となった。

フランスでは東洋研究の一環として日本・日本語に興味が向けられ、キリシタン資料の『日本小文典』[8]『日葡辞書』などが仏訳され刊行されている。このような日本・日本語研究の高まりをうけ、大学や付属機関で日本語教育が始まった。







日本語教師情報倉庫

 日本語教師掲示板
日本語教師の集い
日本語教師について

 日本語教師ブログ

クアラルンプール通信
しのしのin wonderland
Il Mondo di Yumiko
日本語教師のひとりごと
Yahoo!ブログ

 日本語教育WEB

日本語Q&A
Yokoo! Global Communication!
Angin Selatan
全ての日本語教師と学習者へ
日本語教育・日本語学習
日本語教育スタッフの会(NKSK)
スリーエーネットワーク
『日本語教育通信』
"Suggestopedia" and Accelerative Language
Teaching/Learning
あのね、にほんご
日本語教師ネットワーク
日本村

 姉妹語学サイト